最新ビジネス用語辞典は、定番のビジネス用語から最新の時事性の高いビジネス用語までをできるだけ平易な文書でわかりやすく説明するようにした辞書系の情報サイトです。皆様のお役に立てば幸いです。


経済成長率

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済成長率についての説明です。

経済成長率(けいざいせいちょうりつ)とは、製品やサービスの生産・消費の規模推移から経済の成長を図るデータのことを指します。通常、経済成長率という場合GDP(国内総生産)の伸び率である「実質GDP成長率」のことを指します。

国の経済というものは、モノやサービスの生産を通じて、技術の改良や新システムの導入などにより基本的にそれらの生産量というものは大きくなっていきます。戦後日本の経済成長率は極めて高い水準を維持し、特に1960~70年代は高度経済成長期と呼ばれ年率で10%以上の経済成長率を記録しました。その後のバブル景気崩壊後の日本経済は成長率1%以下と鈍化し、97年と98年にははじめてのマイナス成長(経済成長率がマイナス)となってしまいました。その後、本格的に回復に向かい「いざなぎ景気越え」と称される長期的な経済成長をしています。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

経済成長率の関連記事です。こちらもどうぞ。