ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


委任状

このエントリーをはてなブックマークに追加

委任状についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

委任状とは第三者に本人が行うべきことを依頼する際にその意思を表明する文書です。役所手続きなどはほとんどのものが本が行うとされていますが、時間的・物理的に無理な場合があります。
そうしたときに、別の第三者(家族や友人、従業員など)に代わりに手続きを行ってもらう際などに必要となるのが委任状です。

ほかにも法的な案件を弁護士に行ってもらう場合、手続きなどを司法書士に依頼する場合なども必要となります。ただし、委任状を発行するということはその内容についての責任は委任した本人にあることになります。
そのため、曖昧な表記はできるだけ控え、委任する内容を明確にしておきましょう。

ちなみに、委任状に特別なフォーマットはありません。ただし、以下の5点が満たされている必要があります。
①委任される人の氏名・住所
②委任する内容(できるだけ明快に)
③委任した日
④委任した人の氏名・住所
⑤委任した人の印鑑(できれば実印。シャチハタ・ゴム印は不可)

スポンサーリンク

委任状の例文

委任状

住所:東京都○区××
氏名:ビジネス花子 (委任をされる人の氏名)

私は上記のものを代理人に定め下記の権限を委任する。

  1. 委任する内容(例えば、住民票の取得、転出届けの提出)など。複数ある場合は①、②というようにわけておいていくつかのことを書いてもOK
  2. 上記に付帯する一切の事項

 

 

平成○年○月○日(委任を開始した日)

委任する人の住所(あなたの住所)
委任する人の名前(あなたの名前)  印

 

 

関連記事

委任状の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク