ビジネス文書文例集はビジネスの現場でよく利用されているビジネス文書についてコピペして使えるように整えた情報サイトです。文章を書くときのワンポイントもまとめています。お役に立てば幸いです。


交通事故の始末書

このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の始末書についての書き方や書くときのワンポイントを紹介しています。文例はご自由にご利用ください。

交通事故などを引き起こした場合の始末書については、たとえ誰かからの指示で作成する場合であっても、本人の意思による届出ということになります。交通事故などの場合はできるだけ詳細に「いつ」「どこで」「何が」ということを明記した上で、事故の原因とその責任オ所在を明らかにします。また、結果に対する反省と再発防止を誓う文面とするのが一般的です。

スポンサーリンク

交通事故の始末書文例

平成○年×月□日

営業部長 佐藤一郎殿

営業部営業課
山田 太郎 印

始末書

 平成20年○月×日午後2時ごろ、国道○号線の××交差点において起きた、当社の営業車両の車両事故は、私の不注意により発生したもので、会社に多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。事故の原因は私の脇見運転によるものです。
 今後はどのような状況下であっても、安全運転を第一に心がけ、このような自己を再び起こさないことをお誓い申し上げます。つきましては、ここに始末書を提出いたします。なにとぞご寛大な処置をお願いする次第でございます

以上

 

 

関連記事

交通事故の始末書の関連記事です。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク