ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


陥りやすい電子メールのマナー違反

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

ここでは、間違ってやってしまいそうな、電子メールに関するマナー違反な行為を紹介していきます。意図的でなくても、ネットワークを使う電子メールは多くの人に迷惑を掛けてしまうことがあります。しっかりと学習しましょう。

スポンサーリンク

マナー違反な電子メールの例

1.やたらに冗長なメール
メールというのは基本的に伝えたいことを端的に伝えるものです。やたらと長い文章の電子メールは相手にとって負担となってしまいます。

2.重い添付ファイルを送る
添付ファイルは必要なデータを送ることができて非常に便利ですが、容量(サイズ)の大きすぎる添付ファイルを送るのは相手先のネットワークに負担を掛けることから基本的にマナー違反です。容量の大きなものを送る場合にはを取りましょう。
事前確認
3.機種依存文字をつかってのメール
機種依存文字とは利用している機種によっては使えない文字です。ためしに書いてみます。
①②③㊤㊦などです。こうした文字を使うと相手の環境によっては読めなくなってしまうこともあります。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

陥りやすい電子メールのマナー違反の関連記事です。こちらもどうぞ。