ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


訪問先へのお礼

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

原則として日常的な訪問である場合には、帰社後に特別に相手に対して挨拶などをする必要はありません。電子メールなどで「本日はありがとうございました」などと挨拶をする程度で十分です。逆に電話でお礼を言っても、辞去する際の挨拶と被りますし、電話で呼び出すほどの用件でもなくかえって失礼です。ただし、大きな取引が成立した際やお世話になった場合などはお礼をすると効果的です。

この場合は、手紙やハガキなどでのお礼状が効果的です。情報化社会において手書きの文章をもらう機会は間違いなく減っていますので、本当のお礼を述べたい場合は手紙を活用しましょう。

スポンサーリンク

お礼状を送る場合のマナー

面談後にお礼状を送るような場合は、「大きな取引の成立」「相手に無理を聞いてもらった」「相手がかなり地位の高い人だった」というような場合に利用しましょう。電子メールでもかまいませんが、本当にお礼の気持ちを伝えたいのなら、封書またはハガキでお礼状を書きましょう。

なお、お礼状については時間がたって送ると相手にとっても「?」と思われることもありますので、一両日中には送るようにしましょう。(できれば当日が好ましいです)

 

スポンサーリンク

 

関連記事

訪問先へのお礼の関連記事です。こちらもどうぞ。