ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


ヘアスタイルのマナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

ヘアスタイルは、社会人としては、しっかりとした清潔感のある髪型を心がけたいものです。ワックスなどの整髪料を使って髪を遊ばせたりするのは、社会人としては失格です。どの年代の人にも不愉快な思いをさせないようにしっかりとしたヘアスタイル(髪型)を心がけましょう。

男性か女性かでマナーとされているヘアスタイルには若干の違いがありますが、どちらにしてもいえることは、本人が可愛いとかカッコいいではなく、大多数の人があなたを見たときに、しっかりしている、清潔感があると思われるかどうかが重要です。

スポンサーリンク

男女別ヘアスタイルの基本マナー

男性のヘアスタイル(髪型)のマナー
男性の場合、ヘアスタイルとしては、第一に伸ばしすぎないことが重要です。また、前髪を下に下ろしておくと子供っぽく見えますし、目にかかるようですと暗い印象となってしまいます。整髪料を使うのは問題ありませんが、はねさせたりするのは問題です。また、原則として髪のヘアカラーは不可とされるのが一般的です。また、当然ですが洗髪は毎日行い頭にフケなどがないようにしましょう。頭は特に目に付く場所ですので清潔感が重要です。

女性のヘアスタイル
女性の場合、ロングヘアの場合は髪を束ねるなどして、まとめておきましょう。また、前髪が目にかかるような長さは男性の場合と同じように暗い印象となってしまいます。カラーリング(ヘアカラー)についてはある程度であれば問題ないといわれますが、過度な明るさは知性を感じさせない印象となるので、少し明るくする程度が好ましいとされています。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

ヘアスタイルのマナーの関連記事です。こちらもどうぞ。