ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


過剰な敬語は嫌味

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

敬語というものは、単に沢山使えばよいというものではありません。時に過剰な敬語は相手に対して嫌味になったり、聞き取りにくい言葉になったりします。過剰敬語は不自然な感じを与えてしまう恐れもあります。

スポンサーリンク

過剰な敬語の例と対策

過剰敬語の例として二重敬語が代表的に扱われます。
例えば「○○様は何を召し上がられますか?」という表現は「召し上がる」という尊敬語と、「動詞+られる」という尊敬語が二重に使われています。これは、二重敬語と呼ばれ正しくない表現とされます。上記の場合は「○○様は何を召し上がりますか?」で十分とされます。

二重敬語にならないようにするには、できるだけ文末で敬語を用いるようにすると良いといわれます。敬意を表すのは重要ではありますが、1文で使う敬語は1個程度にとどめるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

過剰な敬語は嫌味の関連記事です。こちらもどうぞ。