ビジネスマナー講座は社会人の方にきっと役に立つ、日常のビジネスマナーや勘違いしやすい項目等について1記事1テーマで解説するブログサイトです。皆様のビジネス力向上のお役に立てば幸いです。


謙譲語の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

TEntryTitle$>についてのマナーなどを紹介していきます。

謙譲語とは、自分自身を一段へりくだる事により、相対的に相手に対して敬意を表する言葉となります。自分自身は勿論、自分の動作、所有、所属などをへりくだることで話し相手を立てる話し方です。自分を低く見せることで相手を高く評価する話し方となります。

スポンサーリンク

謙譲語の例

する→いたす
思う→存じる
言う→申す
行く→参る
会う→お目にかかる
もらう→頂戴する、いただく
与える→差し上げる
見る→拝見する
見せる→ご覧に入れる

などが挙げられます。例えば、「明日会いに行く」という場合は「明日お伺いいたします」というのが謙譲語で話す言葉とんある。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

謙譲語の基本の関連記事です。こちらもどうぞ。